コンセプト

個性や魅力を引き出す技術力と、
これから先の未来において、 ずっとhair styleを楽しめるような
頭皮や髪の環境造りを心がけています。
出来るだけ自然なモノで・・・

NATURAL&DESIGN
Hair mapleでは
お客様ひとりひとりの髪の状態をより良くしスタイルを楽しんでいただきたいと考えています。
そのためには、お家でのお手入れの仕方やライフスタイルもしっかりカウンセリングさせていただき、
ひとりひとりに合う技術の提案をさせていただきます。
Hair mapleでは
お客様の大事なお時間を心地よくお過ごしいただくため、
ご予約のお客様には待ち時間の無いようご案内しております。
技術時間もメニューごと予定通りの終われます。
Hair mapleでは
ゆっくりとくつろいでいただけるよう、店内は天然木材を使用し、あたたかい空間で、
リラックスできるよう心がけております。
Hair mapleでは
メープルのスタッフが、学び習得しお客様により良いご提案が出来るよう、
日々スタンバイをしております。何でもご質問ください。

hair mapleはこんな美容室です

Hair Design

mapleのヘアデザイン


color
ヘアカラーは、本当に奥が深いです。
パーソナルカラーに基づいて、似合うカラーをすると、すごく素敵にその人を輝かせてくれます。また、ツヤやかに見せたい。硬い髪をやわらかく見せたい。立体感を出したい。などにおいてもすごく重要な役割をはたしてくれます。

shape
形とは、ショート、ボブ、ロングなどの長さや、ストレートやパーマ、ボリューム感・タイト感などのメリハリも事です。顔の形に合うように、ちょっとしたハサミの入れ方で、コンプレックスの解消や、理想の自分に近づけます。
素材
your hair
素材とは、育やかな髪のことです。キレイでツヤのある髪は、それだけでアクセサリーを身につけたような華やかさがあります。また、カラーリングやパーマなどの施術をするうえで必要不可欠なのが髪の素材です。

ヘアスタイルに求めるモノは、人によって様々です。
例えば…
「コンプレックスの解消(若く見せたい。ボリューム感を出したい。クセを直したい)」
「トレンドを取り入れたい」「可愛らしく見せたい」「上品に見せたい」「お手入れが楽」など
ヘアスタイルを作るうえで、大切なポイントが「色」「形」「素材」なのです。
これらをコントロールすることで様々なHair Designが生まれます。

mapleのスタイリング

ヘア・デザイン

Hair Hospital

Hair mapleでは、地球に優しい、髪や肌に優しい環境に安全であるものを可能な限り、取り入れています。

●パーマのかかりが悪い、持ちがわるい
●カラーの褪色が早く、傷みが気になる
●硬毛で広がりやすくゴワつく
●最近髪にクセが出てきた
●髪が細くなり少なくなって不安
●もうこれ以上、髪や頭皮を傷めたくない

●フケが多い
●フェイスケアは完璧なのに、お肌トラブルが多い
●髪にツヤが無い
●軟毛・猫毛でハリやコシがなくボリュームが出ない
●背中にニキビが多い
●髪がなかなか、乾かない

などでお悩みの方はぜひご相談ください。

  • Reシリーズ

    ホームケアは、髪や頭皮をいたわりながら 効果を持続させることがとても重要です。
    ホームケアの中でも特に気を遣いたいのがシャンプー・トリートメント。
    毎日行うことなので髪や頭皮への影響が大きく最も大切なアイテムです。
    ホームケアの第一歩は自分に合ったシャンプー・トリートメントを選ぶこと。

    パーマやカラーの直後のホームケアは特に大切で美しい髪の条件の一つに髪を弱酸性に保つことが挙げられています。
    パーマやカラーをした後は薬剤の中に含まれるアルカリ剤や過酸化水素が髪に残り、 そのままにしておくと髪のタンパク質を壊してしまいます。

    [Re:シリーズ]は髪のpHを8日間でアルカリから元の弱酸性に戻す 「糖」と「ミネラル」にこだわったケア剤です。

  • システムトリートメント

    様々な原因で髪は傷みます。
    紫外線、コーミング、ドライヤー、パーマやカラー、シャンプー剤などでも傷みの原因になります。ダメージを受けると髪は過剰に水分を吸うようになり、クセが出やすくなったり、逆に乾燥してバサバサになります。このような状態は髪が親水になるという事。
    髪がベストなのは疎水の状態で、水分を11~14%維持できる事です。
    Hair mapleでは、髪の内部を修繕し、外部のキューティクルを補修し引き締める、他にはないシステムで疎水に戻し1番良い状態に仕上げます。

  • 頭皮ケア

    Hair mapleでは、5種類の頭皮ケアメニューがあります。

    • 1.シャンプーやワックスなどで残るシリコンや不要な油分とマイナスイオンの力で簡単に落とす、ロハスケア
    • 2.炭酸の力でクレンジングし、頭皮の嫌なにおいもカキのエキスでスッキリ落とす、炭酸ケア
    • 3.男性におすすめ AGA(男性型脱毛症)に効果の高い、スキャルプケア(マッサージあり)
    • 4.天然成分赤ガウクルアで血行促進・抗炎症効果を高め、リラックス効果のある泡で洗い、抗酸化作用のローションで保湿する、エシサリー頭皮トリートメント(マッサージあり)

ヘア・ホスピタル

Hair Care

シャンプーで大事なポイント

(1)ぬるめのお湯 (2)予洗い、すすぎ (3)シャンプーの量
まず、最初の予洗いはぬるめのお湯(37~40度)で3分しっかりと流します。この予洗いで汚れの約70~80%が落ちます。高温のお湯で洗うと地肌や髪の油分が必要以上にとれてしまい頭皮の乾燥、かゆみの原因になります。シャンプーはしっかりと髪の水分をきって、2度洗いがおすすめです。汗をかいたり、スタイリング剤がついていると1度では泡立たず、たくさんのシャンプー剤を使ってしまいがちです。
最初のシャンプーを軽く流し、2度目でしっかり泡立てて洗うほうがシャンプーの量も少なくてすみます。洗い方は爪をたてず、指の腹で優しくマッサージをするように洗いましょう。指圧してツボを刺激するのもリフトアップに効果的です。最後の流しもしっかりと。
シャンプーで洗う時の2倍の時間をかけて流しましょう。

仕上げのトリートメント

基本的に毛先のみに。1番傷んでいる毛先にたくさんの栄養を補給してあげてください。
ここで5分程度時間をおくのもコツになります。しっかり浸透させて軽く流します。

ドライヤーの仕方

タオルドライした後は、流さないトリートメントを毛先につけて、なるべく早めにドライヤーで乾かすことをおすすめします。
髪が濡れると膨潤して、柔らかくなります。乾かさずに寝てしまうと摩擦で髪のダメージにつながります。自然乾燥になると自分のクセのまま乾いてしまいます。
前髪がわかれる、分け目をつけたくない、広がりやすい方は、特にドライが必要です。
これで翌朝のスタイリングが楽になります!

ヘア・ケア